WiMAX

wimaxの解約方法と注意点のまとめ【解約金0円で損しない方法】

 

手軽にWi-Fiを導入できるサービスとして人気のwimaxですが、利用金額やキャッシュバックの金額にこそ、各プロバイダごとに違いはあるものの、基本的にどのプロバイダも3年間の契約の縛りがあり、3年を経過する前に解約をしたり契約更新月以外の月に解約をすると違約金が生じてしまいます。

違約金をゼロにして解約をするためにはちょっとしたコツが必要なのですが、具体的にはどのようなポイントを押さえれば良いのか、解約の方法はどうなっているのか等を解説していきます。

wimaxを解約する際の注意点

wimaxの解約で損をしないコツは各プロバイダごとに微妙に異なっていますが、共通点も多数あります。

まずは各プロバイダ共通の解約の際の注意点について確認をしていきましょう。

解約申請は申し込み者本人が行う

最も基本的かつ重要なのが、契約者本人が手続きを行うこととなります。

wimaxの解約手続きは電話で行うケースが多いのですが、電話口では不正防止のために本人確認が行われます。

この本人確認ができなかった場合には、解約手続きが不可となるので、必ず契約者本人が手続きを行うようにしましょう。

解約申請は3年経過後、そして契約更新月に行う

基本的にどのプロバイダも最低利用期間を3年としていて、契約から3年経過前に解約をした場合には数万円単位での違約金が発生します。

契約からおよそ3年が経過すると契約更新月が到来し、このタイミングを解約をすると違約金0円での解約ができます。

3年が経過した後は、再び3年縛りの契約が自動更新され、違約金の金額はおよそ1万円にまで下がりますが、やはり契約更新月以外の月に解約をすると違約金が発生します。

契約から3年が経過したタイミングが解約のベストタイミングと言っても過言ではありません。

このタイミングを逃すと違約金0円で解約するためには基本的にはまた3年待たなければならないのです。

解約申請後月の半ばまでに行う

契約の場合、初月の利用料金は日割り計算される一方で、解約の場合は月の途中で解約をしても日割り計算とはならず、原則月末での解約となる点にも注意が必要です。

また20日や25日などを解約の締切としているケースが一般的で、月末に解約手続きを行った場合、当月中の解約はできず、翌月末の解約となってしまいます。

解約はできる限り月初め~月の半ばまでに行うようにしましょう。

解約手続き後は取り消しができない

解約手続きが完了すると、解約の取り消しはできません。

もしも解約手続き後に再びwimaxを利用したくなった場合には再契約をする必要があることを覚えておきましょう。

UQ WiMAXで解約金を無料にする方法

解約時の注意点の確認が済んだところで、続いてはwimaxの解約金を0円で解約すための具体的な方法を紹介していきます。

解約金を0円にする方法は「実質0円」にする方法も含めると多数の方法があり、各プロバイダごとに微妙に方法が異なるのですが、今回はwimaxの公式プロバイダであるUQ WiMAXをモデルケースとして、解約金を無料にする方法を紹介していきます。

契約更新月に解約する

最も基本的で簡単な方法が契約更新月で解約する方法です。

UQ WiMAXのギガ放題の具体的な契約期間は、

  • 課金開始月を1ヶ月目として37ヶ月目まで

となっています。

37ヶ月目が契約満了月となっていて、37ヶ月目と38ヶ月目に解約をした場合には解約金無しで解約ができます。

このタイミングを逃すとさらに37ヶ月間待つ必要があるので、解約したい場合には契約満了月を覚えておくことが大切です。

更新月の確認方法は?

UQ WiMAXの場合、会員専用のサポートページである「my UQ WiMAX」にログインすることで次回の契約更新月や解約金発生の有無などを確認できます。

UQ WiMAXに限らず、基本的にどのプロバイダでも会員ページにログインすることで契約更新月やどのくらい解約金がかかるのかの確認ができるので、解約をする前には一度確認しておくことをおすすめします。

キャッシュバックや乗り換えキャンペーンが利用できるプロバイダへ乗り換える

WiMAXや光回線などのプロバイダでは、他社のWiMAXから乗り換えで自社と契約をしてくれた利用者に対して違約金を肩代わりしてくれるキャンペーンを実施していることがあります。

「乗り換えキャンペーン」などの名称でキャンペーンが実施されているケースが多いので、WiMAXの解約と同時の他社のWiMAXやブロードバンドサービスへの乗り換えを検討している場合には、違約金を負担してくれるキャンペーンがあるかどうかを確認しておきましょう。

多くの場合、肩代わりしてくれる金額の上限は10万円前後で、解約時にかかる解約違約金の他、端末代の残債なども肩代わりの対象となっています。

 

wimaxの機種変更は無料でできる?乗り換えの方が実はメリット大現在ではwimaxの契約期間は基本的に3年となっていますが、特にモバイルルーターを利用している場合には3年も使っているとバッテリーの劣化...

キャッシュバック受け取り直後の解約は?

UQ WiMAXをはじめ、多くのプロバイダでは多額のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

多額のキャッシュバックを受け取った直後に解約をすれば損をしないのではないかと考えてしまいがちですが、必ずしもそうとは限らないので注意が必要です。

例えばUQ WiMAXの場合ですと、公式サイトから申し込みをすれば後日最大で13,000円ものキャッシュバックを受け取れます。

キャッシュバックが受け取れるのは利用開始から4ヶ月目からとなっているのですが、UQ WiMAXを4ヶ月目に解約すると19,000円+税の解約がかかります。

キャッシュバック金額よりも解約金のほうが大きくなってしまっているので、キャッシュバックで違約金をカバーしようという場合には、キャッシュバックの金額やいつからキャッシュバックが受取可能となるのかなどを確認しておくことが大切です。

wimaxの解約手順

wimaxは契約しているプロバイダ毎に解約の方法が異なっていて、主な解約方法は電話・WEBとなっています。

UQ WiMAXの解約方法は基本的に電話のみとなっており、店頭窓口やWEBからは原則解約できない点に注意が必要です。

電話で解約する

UQ WiMAXを電話で解約する場合、「UQお客様センター」へ電話をかけます。

UQお客様センターの電話番号

UQお客様センターの電話番号

0120-929-818

※年中無休で、9時~21時まで対応を行っています。

 

電話をかけると自動音声案内につながるので、【1:WiMAX】⇒【4:解約に関するお問い合わせ】と進んでオペレーターにつないでもらいます。

なお、解約の際には本人確認のため、以下の点の確認が行われるので、備えておきましょう。

【解約時に確認がに必要なもの】

  1. 契約者氏名
  2. 連絡先電話番号
  3. 暗証番号もしくは生年月日と契約先住所

店頭窓口や書面、WEBからは基本的に解約ができない

UQ WiMAXはUQスポット等の店頭窓口やWEBから契約はできるものの、基本的には店頭窓口やWEBからは解約手続きを行うことはできません。

また以前は書面による解約手続きも可能だったのですが、現在は公式サイトからも解約用紙がダウンロード不可となっていて、書面による解約も不可能(初期契約解除を除く)となっています。

他のプロバイダのWiMAXは書面や店頭窓口、WEBからの解約が可能なケースがありますが、UQ WiMAXに関しては解約が電話のみとなっている点に気をつけましょう。

UQ WiMAXでWEBから解約ができる例外パターン

UQ WiMAXは基本的に電話でしか解約ができませんが、耳が不自由などの特別な理由がある場合には例外的にWEBからの解約が可能です。

UQ WiMAXの公式サイトで「ホーム」⇒「お客様サポート」⇒「UQお客様(WiMAX)」と進み、「WEBフォームでの問い合わせ」から解約の申請を行うことが可能です。

wimaxの解約方法一覧

解約時の注意点や解約金を0円で解約するためのポイント、そして具体的な解約方法についての確認が済んだところで、主要なWiMAXの解約方法について一覧で確認していきましょう。

プロバイダで契約している場合

ネット経由で主要なプロバイダと契約した場合の解約方法は次のようになります。

プロバイダ

電話番号

解約方法

UQ WiMAX

0120−929−818
(年中無休:921時)

解約したい日に電話から即日解約が可能。

Broad WiMAX

0120−001−827
(月~土:1118時)

毎月25日までに電話から解約申請をして当月末日に解約が可能。

nifty WiMAX

0120-32-2210
03−5860−7600
(年中無休:1019時)

オンラインから解約日を申請をしたら当月末日に解約が可能。

BIGLOBE WiMAX 2+

0120-86−0962
03−6385−0962
(年中無休:1019時)

毎月25日までにオンラインから解約申請をして当月末日に解約が可能。

GMO とくとくBB WiMAX 2+

03−5456−1090
(平日:1019時)

毎月20日までにオンラインもしくは、書面を郵送すると当月末日に解約が可能。

So-net モバイル WiMAX 2+

0120-117-268
(年中無休:921時)

オンラインから解約日を即時から月末まで指定可能。

 

家電量販店で契約している場合

家電量販店の店頭窓口で契約した場合の解約方法は次のようになります。

プロバイダ

電話番号

解約方法

BIC WiMAX

0120−99−5151
042−310−3710
(年中無休:921時)

電話もしくは書面を郵送で解約日を当日から月末まで指定可能。

YAMADA Air Mobile WiMAX

0120-810-666
(年中無休:1021時)

電話・ヤマダ電機の店頭窓口で解約日を当日から当月末まで指定可能。

ワイヤレスゲート
Wi-Fi WiMAX 2+

0120-779978
03-6702-0076
(年中無休:1018時)

オンラインで解約申請をすると即日解約可能。

 

まとめ

WiMAXには契約の縛りがありますし、契約は自動更新されるため、解約金を0円にするためにはタイミングが非常に重要です。

また各プロバイダ毎に解約の方法が異なるため、WiMAXを契約する前には解約金の具体的な金額や解約方法まで確認をしておくと、後悔するリスクを軽減できます。

やや面倒ではありますが、確実な確認をおすすめします。