WiMAX

初めてのwimax契約で失敗しない!賢い選び方を4ステップで紹介

自宅の内外で手軽かつ便利にWi-Fiができるサービスとして人気のwimaxですが、wimaxは公式プロバイダであるUQ WiMAXをはじめ数十社もの会社が取り扱いをしていますし、取り扱っている端末の数も非常に多くなっています。

基本的なサービス内容や通信の品質には違いがありませんが、だからこそこれから初めてwimaxを契約する場合、一体どの会社を選んだら良いのか、どの機種を選んだら良いのか迷ってしまうことが考えられます。

そこで今回は、wimaxを初めて契約する人向けに、契約までに確認しておきたいポイントや、賢くwimaxを契約するためのステップを解説していきます。

申し込み前に確実に押さえておきたいポイントは?

まずはどのwimaxにも共通する、申し込み前に確認しておきたいポイントについて開設をしていきます。

自分が利用しようと考えている場所は利用対象エリアか?速度は?

最も基本的かつ重要なのが利用エリアです。

wimax2+の人口カバー率は99%となっているため、人が住んでいる場所や訪れる場所であれば大抵繋がりますが、僻地などでは通信が不安定になることがあります。

またエリアによっては通信速度が著しく遅くなることもある点にも注意が必要です。

wimaxでは最新のルーターでは理論上は最大で1Gbpsもの速度で通信が可能ですが、全てのエリアでギガビット通信ができるわけではなく、都心の限られたエリアのみとなっています。

地域によっては通信速度が最大で220Mbpsであったり、110Mbpsであったりします。

安定して通信ができるのか、通信速度は最大でどのくらいのなるのかなどは、各プロバイダの公式サイトから「エリア判定」で確認ができるので、まずはエリアの確認を行いましょう。

クレジットカード支払いでもOK?

wimaxの支払い方法はクレジットカードか口座振替が一般的ですが、クレジットカード支払いにしか対応していないケースは少なくありません。

また口座振替に対応しているものの、口座振替を選ぶとキャッシュバックの金額が減額されるケースも多いため、wimaxの支払いは基本的にクレジットカードで行うもの、と心得ておきましょう。

なお、クレジットカードを持っていない場合、デビットカードでの支払いでもOKという場合があるので、事前にプロバイダに問い合わせを行うと良いでしょう。

プリペイドカードは基本的に利用することはできないので要注意です。

固定回線とは通信方式が異なっています

光インターネットなどの固定回線は光ファイバーケーブルという、通信速度が高速なケーブルを利用した固定インターネットサービスであるのに対し、wimaxは携帯電話回線を利用したインターネットサービスです。

最近では携帯電話回線を利用したインターネットサービスの質も非常に高くなっていますが、光ファイバーケーブルを利用した通信方式と比較すると、通信速度・安定性共にまだまだ途上であるのも事実です。

また携帯電話回線は全国で大勢の人が利用しているため(光ファイバーケーブルは戸数単位であるのに対し、携帯電話回線は個人単位)、回線が混雑して通信速度が低下しがちです。

これらのことから、wimaxの理論上の通信速度は光インターネットと同等レベルですが、実際の通信速度は光インターネットにはまだ及ぼません。

しかしその分、工事不要で利用できますし、場所を選ばずに利用できる強みがあります。

光インターネット等の固定インターネットとは根本的に異なることや両者のメリットとデメリットを理解しておくことも重要です。

ギガ放題プランでも速度制限がある

wimaxのギガ放題は1ヶ月あたりに利用できるデータ通信量に制限がないプランですが、全く速度制限がないわけではありません。

回線混雑回避のために、3日間で10GBを超える通信を行ったヘビーユーザーに対して、一時的に速度制限をかけることがあるのです。

10GBを超えた翌日から翌々日にかけての混雑時間帯(18時から2時頃まで)の時間帯の速度が最大で1Mbps程度に制限されます。

スマホの通信制限が128kbpsになることを考えると、非常に優しい制限と言えますし、1Mbpsの速度が出ればスマホで動画を見ることもできるので、スマホでネットをすることが多い人であれば特に問題なく使えるでしょう。

賢い選び方を4つのステップで紹介

申し込み前に押さえておきたいこと、理解しておきたいことについて解説が済んだところで、続いては賢く契約するためのステップについて5つの段階で解説を行っていきます。

【1】主に室内で利用するか、屋外で利用するか

端末選びの際に重要となるのが、基本的に外に持ち出して利用するのか、それとも外には持ち出さず、固定回線の代わりとして室内で利用するのか、ということになります。

wimax=モバイルルーターとイメージする人も多いでしょうが、実はwimaxではモバイルルーターの他にも据え置き型のルーターもラインナップされています。

 

据え置き型のルーターは電源非搭載でコンセントに挿して利用するタイプのルーターです。

持ち運びができないため、一見すると選んではいけない端末のように感じられがちですが、自宅での通信が圧倒的に快適にできる強みがあります。

wimaxは直線的に電波の送受信を行うため、ビルやマンションの内部、鉄筋コンクリート構造の建物の中では電波が受信しにくくなってしまいます。

しかし据え置き型のルーターは高感度アンテナが搭載されているので、建物の内部でもモバイルルーターよりもはるかに安定した通信ができますし、一度に同時接続できる機器の数も4倍~5倍程度となっているので、自宅でもストレスフリーで利用できるのです。

自宅外でも頻繁にWi-Fiを使いたい場合には、モバイルルーターを、主に自宅でパソコンやゲーム機などをWi-Fi接続することが多い場合には据え置き型のルーターを選ぶようにするなど、目的に応じて端末選びをしましょう。

【2】プランは迷ったならギガ放題プランを!

wimaxには一ヶ月あたりに7GBまで高速データ通信ができる「通常プラン」(ライトプランなどを呼ばれることもあります)と、データ容量無制限で使える「ギガ放題プラン」の2種類から選択ができます。

基本使用料が安い通常プランをついつい選んでしまいがちですが、「いつでもどこでも快適に通信ができる」というwimaxの強みを最大限に活かすためにはギガ放題プランを選ぶのがおすすめです。

一ヶ月あたりのデータ通信量が7GBを超えない場合には通常プランでも問題ありませんが、7GBを超えると通信速度が最大で128kbpsに制限されてしまい、使い物にならなくなります。

また通常プランもギガ放題プランと同様に「3日間で10GB」の制限があるため、常に通信量に気を使いながら利用しなければならず、はっきり言ってストレスが溜まります。

プロバイダによっては契約後に違約金などは不要で通常プランへプラン変更ができるケースもあるので、迷ったならまずはギガ放題プランでの契約をおすすめします。

【3】キャッシュバックは受け取り方法に要注意!

多くのプロバイダでは数千円~数万円程度のキャッシュバックを行っているのですが、キャッシュバックの受け取り期間や受け取り方法には特に注意が必要です。

多くの場合、キャッシュバックはすぐに受け取りができず、6ヶ月~12ヶ月程度待つ必要があります。

一定期間待つとプロバイダからキャッシュバックの受け取り方法についてのメールが届き、メールから手続きを行う必要があります。

気をつけなければならないのが、ほとんどのケースに置いて受け取りには期限が設けられている点です。

メールの受信から1ヶ月~3ヶ月以内に手続きをしないとキャッシュバックの受け取りができなくなってしまうのです。

しかも案内のメールはwimax契約時に新規に各プロバイダから提供されたメールアドレスに届くので、見逃してしまいがちです。

実際にメールに気が付かず、キャッシュバックの受け取りができなかったという人は多数いるので、特に初心者の場合は注意が必要です。

【4】初期契約解除制度の有無を確認しておきましょう

wimaxには3年間の契約の縛りがあり、特に短期間で解約をすると2万円~3万円程度の高額な解約金が発生します。

そのため、契約したものの快適に通信ができないという理由で、早期に解約をした場合、多額の解約金が請求されるリスクがあります。

このリスクを回避するためにも契約しようとしているプロバイダが「初期契約解除制度」を導入しているかを確認しておくことが大切です。

「初期契約解除制度」はwimaxを利用してみたものの、説明と違って速度が遅いなどの理由で利用できる解約制度であり、早期に解約をしても解約金が生じない制度となっています。

多くの場合、契約から8日~30日以内であれば返送料などは負担しなければならないものの、解約金なしで解約が可能となっているので、この制度の有無や利用方法なども事前に確認しておきましょう。

初心者におすすめのプロバイダ

wimaxの契約の際の注意点や賢く契約するための方法について説明が済んだところで、最後に初心者におすすめのwimaxプロバイダを紹介します。

数あるプロバイダの中でも初心者が低リスクで利用できるプロバイダとしておすすめなのが、BroadWiMAXです。

BroadWiMAX公式HPへ

BroadWiMAXは他のプロバイダのように大規模なキャッシュバックこそありませんが、その分月額基本使用料が安くなっています。

キャッシュバックがないため、キャッシュバック受け取りの面倒な手間がかかりませんし、受け取り損なってしまうこともありません。

つまり初心者でも低リスクでお得にwimaxの利用ができるのです。

また「初期契約解除制度」もあるので、もしも通信品質などに問題がある場合でも、早期解約で解約金がかからないメリットも有るのです。

 

まとめ

wimaxはプロバイダの数も多いですし、端末の数も多いので、初めて契約する場合にはどれにしようかと迷ってしまいがちです。

自分の利用目的をハッキリさせると共に、キャッシュバック受け取りの注意点や解約時にかかる解約金などの注意点をよく理解して申し込むことで、賢く契約ができます。

このページの情報がお役に立てば幸いです。