WiMAX

wimaxの初期費用はいくら?実際に初月に支払う金額と料金システムを解説!

wimaxはどのプロバイダと契約するのかによって、毎月の利用料金が大きく異なりますし、契約初月に支払うこととなる料金も大きく変わってきます。

実際にwimaxを契約した場合、初月にはいくら支払うこととなるのか、その後毎月の支払いはどのように推移していくのかを、最もお得なプロバイダであるGMOとくとくBBのギガ放題プランを例としてシミュレーションしていきます。

 

また初心者がお得にwimaxを利用する前に知っておきたいポイントや、キャッシュバックを確実に受け取るためのポイントも併せて解説していきます。

wimaxの初期費用はどのくらいかかる?詳細を徹底解説!

まずはwimaxの初期費用が具体的にどのくらいかかるのかをシミュレートしていきます。

wimaxの初期費用としてかかる料金ですが、具体的には次のものが挙げられます。

WiMAXの初期費用の内訳
  1. 契約事務手数料
  2. 端末代金
  3. 端末の送料や代引き手数料
  4. 初月の利用料金

 

まず契約事務手数料ですが、これはどのプロバイダでも例外なく発生するもので、料金も3,000円+税で統一されています。

最もお得にWiMAXを契約できるプロバイダであるGMOとくとくBBももちろん請求されるので、wimaxを契約する上では確実に発生するものと心得ておきましょう。

 

次に端末料金ですが、これはプロバイダ毎に料金設定がまちまちです。

一定の要件を満たして契約した場合には無料となったり、無条件で無料となっていたり、一律で数千円の端末料金がかかるケースなどがあります。

GMOとくとくBBの場合はどの端末を選んでも端末代金は無料となっているので、他社よりも初期費用を抑えて契約ができます。

wimaxの最新機種を比較!おすすめNO.1機種をパターン別で紹介2019年5月時点でwimaxの公式プロバイダであるUQ WiMAXの公式サイトを覗いてみると、合計で6つの機種の取り扱いがあり、新規契...

 

送料や代引き手数料については、無料となっているケースがほとんどですし、もちろんGMOとくとくも無料です。一部のプロバイダで口座振替支払いで契約した場合に代引き手数料が請求されることがあるので、口座振替支払いで契約する場合には注意が必要です。

初月は日割り計算でおおよそ7,000円が目安

 

最後に初月の利用料金ですが、各プロバイダ毎に設定されている月額料金が日割り計算で請求される、というのが一般的です。

一部のプロバイダでは初月料金が完全に無料というケースもありますし、ほとんどのプロバイダでは最初の3ヶ月間の料金は割引された特別料金が設定されているので、初月料金は非常に安くなります。

GMOとくとくBBの場合は3,609円+税が日割り計算され、請求されます。

そのため月末に契約をしても損することなくwimaxを使い始めることができます。

 

なお、GMOとくとくBBでwimaxを契約した場合、初期費用は次のようになります。

GMOとくとくBBの初期費用

3,000円(契約事務手数料)+

116円~3,609円(初月料金/日割り計算)

= 合計 3,116円~6,609円+税

 

月頭に契約し、一ヶ月フルに利用した場合、初期費用は基本使用料も含めて最大でおよそ税込み7,000円程度になることを覚えておきましょう。

WiMAXのおすすめプロバイダは?安い順にランキング形式で紹介簡単、手軽にWi-Fiが利用できるサービスとして人気のwimaxですが、wimaxは公式プロバイダであるUQ WiMAXをはじめ、様々な...

 

契約後はどのように料金は推移していくの?

wimaxの利用料金は、契約から契約満了までずっと定額というケースはほとんど無く、基本的には利用期間に応じて段階的に引き上げられていきます。

料金の引き上げはプロバイダ毎に異なり、引き上げ回数が1回のプロバイダもあれば2回のプロバイダもあります。GMOとくとくBBの場合は契約月を含む最初の3ヶ月が割引料金でそれ以降は1段階引き上げられた月額料金で運用していくこととなります。

 

なおGMOとくとくBBの料金体系の推移をまとめたものが次の表になります。

 

GMOとくとくBBの料金体系(税別)

契約月 1ヶ月目と2ヶ月目 3ヶ月目以降
3,609円の日割り計算 3,609円 4,263円

GMOとくとくBBの公式サイトへ

 

GMOとくとくBBの場合は料金の推移がシンプルでわかりやすいのですが、プロバイダによっては、

初月~2ヶ月目まで/3ヶ月目~24ヶ月目まで/25ヶ月目以降

と料金設定が3段階となっているケースも少なくありません。

 

どのタイミングで料金が引き上げられるのか、最終的にどの程度支払うこととなるのかを事前にチェックしておくと、損することなくwimaxの契約ができます。

キャッシュバックはいつ受け取れる?受け取りの際の注意点とポイントを解説!

プロバイダとwimaxを契約する一番のメリットが大規模のキャッシュバックを受け取れる点です。

ほとんどのプロバイダでは契約から一定期間経過後に数万円規模のキャッシュバックを行っていますし、特にGMOとくとくBBはキャッシュバック額が業界最高水準なので、他社よりもお得にwimaxが利用できます。

その一方でキャッシュバック受け取りには幾つかの注意点もあります。GMOとくとくBBを例に挙げながらキャッシュバック受け取りのポイントを確認していきましょう。

 

受け取りまでの期間

キャッシュバックは基本的に利用開始から一定期間経過後に受け取りができるようになります。

受け取り開始までの期間はプロバイダ毎に異なり、GMOとくとくBBの場合は端末発送月を含む11ヶ月目にキャッシュバック受け取りの案内メールが届きます(2019年7月に契約した場合には2020年5月にメールが届きます)。

契約から手続き開始までの期間が長いので、忘れないようにカレンダー等を活用することをおすすめします。

 

手続きの際の注意点

案内メールを受信したら、メールの案内に従ってキャッシュバックを振り込む預金口座を登録します。

無事に預金口座の登録が済めば翌月にはお金が振り込まれるのですが、GMOとくとくBBをはじめ殆どのプロバイダでは口座登録に期限を設けていて期限内に口座登録をしなかったり、誤った口座情報を登録した場合にはキャッシュバックが貰えなくなってしまう点に気をつける必要があります。

 

GMOとくとくBBの場合、案内メールの送信日の翌月末までが期限となっているので、メールを確認したら直ちに口座登録を行うことをおすすめします。

なお案内メールはGMOとくとくBBと契約した際に作成したGMOとくとくBBのオリジナルメールアドレス宛に届く点も留意しておきましょう。

 

リマインダーやタスク管理アプリを利用するのがおすすめ

キャッシュバックはすぐに受け取りができるわけではありませんし、案内メールを受信した後は速やかに手続をしなければならないなど、日程の管理が非常に難しく重要です。

グーグルカレンダー等に搭載されているリマインダー機能やタスク管理アプリ等を上手に活用することで手続き失念のリスクを大幅に軽減できます。

特に初心者の場合は、アナログのカレンダーとデジタルのカレンダーの両方のツールをフルに活用することをおすすめします。

お得に契約するためのおすすめの手段・申込み方法は?

GMOとくとくBB WiMAX2+

 

wimaxをお得に契約したい場合には、GMOとくとくBB等の多額のキャッシュバックを実施しているプロバイダを選べばほぼ間違いはありません。

しかしより工夫を凝らすことでさらにお得にwimaxの契約が可能となります。

よりお得に契約するためのおすすめの申込み方法を紹介していきます。

 

キャンペーンサイトなどを経由する

最も手軽にお得度を上げる方法がキャンペーンサイトなどを経由しての申し込みです。

例えばGMOとくとくBBの場合は、価格.comというサイトでサービスの紹介がされているのですが、価格.comを経由して契約することで、キャッシュバックの金額が増額されるのです。

SPEED Wi-Fi NEXT W06をギガ放題プランで契約する場合、GMOとくとくBBの公式サイトから直接契約した場合のキャッシュバック金額が30,100円なのに対し、価格.comを経由した場合には32,000円となります。

 

僅かな差ではありますが、少しでもお得に契約したい場合にはキャンペーンサイトを経由して契約すると良いでしょう。

クレジットカードを同時に申し込む

クレジットカードを新規に契約しても大丈夫という場合には、各プロバイダが提携を結んでいるクレジットカードとwimaxを同時に申し込むことでwimaxがよりお得になるケースがあります。

GMOとくとくBBの場合ですと、セゾンカードと提携を結んでいて、wimaxとセゾンカードを同時に申し込むことでwimaxの料金が大幅に割引される特典を受けることができます。

具体的には以下のように月額料金が割引されます。

 

GMOとくとくBBの通常の料金体系(税別)

契約月 1ヶ月目と2ヶ月目 3ヶ月目以降
3,609円の日割り計算 3,609円 4,263円

 

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 

セゾンカードと同時に申し込んだ場合の料金体系(税別)

契約月 1ヶ月目と2ヶ月目 3ヶ月目~24ヶ月目 25ヶ月目以降
2,590円の日割り計算 2,590円 3,344円 4,263円

 

 

セゾンカードと同時に申し込めば、通常の申し込みと比較して3年間の総額費用を税込みでおよそ25,000円程度節約できます。

ややハードルは高いですが、可能であればカードと一緒に申し込みをすることをおすすめします。

 

初心者がお得に利用するために抑えておきたいチェックリスト

初心者が損することなくwimaxを契約するためのポイントを箇条書きでまとめました。

初心者でも損しないための5つのポイント!
  1. 月額料金やキャッシュバックの金額を確認し、3年間の総支払費用を確認しましょう
  2. キャッシュバックの受け取り開始までの期間や受け取り期限などを確認しておきましょう
  3. 中途解約した場合の違約金の金額や注意事項を確認しておきましょう
  4. キャンペーンサイトはあるのか、キャンペーンサイトを経由するとどのくらいお得になるのかを確認しましょう
  5. 提携を結んでいるクレジットカードはあるのか、カードと一緒に申し込みをするとどのような特典があるのかを確認しましょう

 

wimaxを契約する際にはこれらの項目を確認してから申し込みを行うことをおすすめします。

まとめ

GMOとくとくBBのギガ放題プランをモデルケースとし、初期費用はいくらかかるのか、毎月の支払いはどうなるのかなどの情報を確認してきました。

wimaxは大規模なキャッシュバックにばかり注目しがちで、初期費用や毎月の支払料金等の確認はついつい疎かになりがちです。

wimaxを契約する場合には3年間の総額、初期費用、解約金、キャッシュバック受け取りの注意点など、細かな点まで確認してから申し込みをすることで失敗の危険性を大きく軽減できます。